【思い出】深夜のサイクリングでの恐怖体験

みなさんは「幽霊」って信じますか? 私は幽霊やお化けやオカルト的なものは一切信じないで生きてきました。でも一回だけ遭遇してしまった時の話です。

21歳の頃、貧乏学生でも体力だけは持て余していたので、夏休みに一人サイクリングを計画した。近所のガード下で自転車修理のおじさんに相談したら、3千円ほどで中古の24段ギアの中古サイクリング自転車を譲っていただけることになり、オモニにお金をおねだりし、自転車を調達した。

真夏なので大好きな海辺に行こうと、まずは熱海までと計画を立て、早朝に自宅を出発。5時間ほどかけて熱海に到着。

浜辺で甲羅干しをして夕方に帰路についたが、真っ赤っかに日焼けし過ぎて、自転車をこぐたび膝がピリピリ。痛みをこらえながらどうにか帰宅した💦

そして日焼けも落ち着いた2週間後、今度は千葉の勝浦までのサイクリングを計画した🏖️💕 なんせ時間と体力はあり余っていたのでね😅

今回は熱海よりは時間がかかると思い、夜の10時頃に自宅を出発、早朝に勝浦に到着する予定だった。順調に都心を抜け、いざ千葉県の県道に差し掛かる。上り下りと山を越え、くねくね道を走る。学生時代の部活で貯金した体力がモノを言い、スイスイと走り抜けていく🚴🏿

しばらくして長い長い登り坂の県道に差し掛かった。長い登り坂は息も切れ切れで、もうほぼ止まりかけるほどのスピードで坂の頂上に到着した。そして下りの緩い左カーブに差し掛かった時、薄暗い街灯の光に照らされて、白いガードレールの向こう側から白装束の人影のようなものがスーッと近づいてきた👀👻💦

「出たぁぁぁ~💦💦💦 」どこにその体力が残っていたのかというほどのスピードで、急いでカーブを曲がり下り坂を走り去った🚴🏿🥶

夜中の2時頃、明るい場所で冷静に考えた。「あの白いものは、何だったんだろう?こわぁぁぁあ💦🥵」と自動販売機のジュースを飲みながら震えた🥶

早朝どうにか勝浦の海岸まで到着したので、浜辺で自宅から持ってきたおにぎりと麦茶を飲みながらのんびり過ごす。でも深夜のあのことが頭から離れずにいた。

帰り道のあのガードレールは、明るい内に通り過ぎたいので、お昼過ぎに勝浦を出発した🚴🏿 そして昨夜に遭遇したあの場所に到着し、自転車から降りて付近を観察すると、そのガードレールの向こう側は、ものすごく険しい崖で、ガードレールには生々しい献花も発見した💐💐👀

ってことは、昨日の白装束の物体は、ここで事故か自殺で亡くなった人の「幽霊かぁぁ?💦?…💦」そうう考えた瞬間、背筋からタラっと冷や汗をかく私😬💦🥶  急いで自転車にまたがり、ものすごいスピードで逃げ帰って来た🚴😤

私は、決して幽霊やお化けは信じない。でもあの白いものだけは見てしまった👀💦もう~やだよぉぉぉ~💦

夜中のサイクリングは危ないしスリリングです🚴 つわものは、お試しあ~れ👀💦

【思い出】夜叉神トンネルでの恐怖体験 【思い出】小学校5年生の時の恐怖体験

5 COMMENTS

むりです👻

はい、ブログはほとんど目を通します。
管理人さんより目を通しているのではないかと自負しております。(なんてね笑)

でもこの記事は読みません。
悪しからずです。
暗い道を自転車で通勤するし、オバケ話し大の苦手なので。ごめんね。💦

投稿者💕

むりです👻 さん
 怖い話でごめんなさい👏 読まないで~ 飛ばしてください😢
飛びま~す 飛びま~す😎

むりです👻

今日の帰り道🌃、怖くてバクバクでした😭
読んでいないのに。笑
怖い話しなんだから、なんか出たんだろうな~と想像だけでバクバクでした。
明日もあさっても‥‥🚲 やだーーー😭
あ、返信に怖い要素いれるなら、いりませんので悪しからずね。

下り坂⚠️

下りの緩いカーブの向こうの険しい崖……
「危ないよ〰️危ないよ〰️」って教えてくれたのかもねぇ~~🥶😱😰
無事で何より😁

投稿者💕

下り坂⚠️ さん
 違う💦 上り坂の頂点でした🤔 でも、スピード出し過ぎに注意しなよっ~ この先は崖だからと教えてくれたのかもね~👏 いずれにしても、一人で夜中のサイクリングは無謀ですね😢 学習しました~🙌

現在コメントは受け付けておりません。