同窓会まで9か月…体調管理を怠らないで

「漢方コラム④」『怒』―我慢もほどほどに

』とは「おこる」「いかる」「キレる」という感情で、ストレスと関連が深く、イライラして頭に気が上って爆発するのです。人の感情は、のびのびとして、意見なども十分に述べられ、怒りをためこむことが少ないのが良いのです。

この感情を過度に我慢することによって、「怒」が身体にも悪影響を及ぼし、脇腹が張ったり、頭痛、めまい、目の充血を起こしたり、ひどい場合は、吐血することもあります。

せわしない昨今、過度の情報化社会で、ストレスをためないことは非常に難しい問題ですが、せめて「怒」の感情が身体に影響を及ぼす前に、解消したいものです。治療院にお見えになる患者さんの大半は、この「怒」の病理を内包しています。

ツボとしては、太衝たいしょう(足の親指と人差し指のつけ根から、足首の方向へ指で押し上げて指が止まる所)や行間こうかん(足の甲側で、親指と人差し指の付け根)が有効です。

4 COMMENTS

あんたが大将

歳とると怒りっぽくなったり、キレやすくなるって言うから、そういう時はこのツボを押して気を静めるようにしようと思います。
怒りっぽい性格がこのツボで治るって事ではないよね(笑)

時々先生😎

あんたが大将 さん
 性格まではねぇ💦 ツボで治るなら治したい奴いますよ~💦うちの長男🤦‍♂️だけど、残念ながらツボで性格までは効果がないです🥶

痛くてタマランチ

太衝ツボ押したらめっちゃ痛いんだけど、これってストレス溜まっているって事かなあ~。
思わすイタイイタイって…(笑)

時々先生😎

痛くてタマランチ さん
 痛いのは、何かの反応が出ていると思いますから、柔らかく刺激してみてください。しばらくすると痛くなくなると同時に、体調の何かしらが調子よくなってくるはずですよ~👍

現在コメントは受け付けておりません。