来年 舞台化が決定!「パラサイト 半地下の家族」

第72回カンヌ映画祭で韓国映画初となるパルム・ドールの受賞を果たし、第92回米アカデミー賞では非英語作品として、史上初の作品賞受賞のほか監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の計4部門受賞という快挙を成し遂げた映画「パラサイト 半地下の家族が、日本で舞台化されることがやっと決定しました。

来春オープンするTHEATER MILANO-Zaでの公演を皮切りに、2023年6月より東京・大阪で上演されます。

映画「パラサイト 半地下の家族」は2019年に韓国で公開され、観客動員数は1,000万人を突破。日本でも瞬く間に大ヒットとなり、2020年に公開された外国映画の中では最高の興収を記録したことでも記憶に新しい作品です。

ポン・ジュノ監督

アジア圏の映画として初の米アカデミー賞作品賞を受賞した革命的な映画といえる本作のメガホンをとったのは、「グエムル-漢江の怪物-」「母なる証明」で知られる名監督ポン・ジュノ。

映画は社会問題化している「格差社会」というテーマを描きながらも、所々に散りばめられた緻密な「伏線」や「テーマ性」が話題を呼び、サスペンス、ブラックコメディ、ヒューマンドラマなどのジャンルを超えた傑作として世界各国で称賛の嵐を巻き起こしました。

演出家の鄭義信さん

そして日本での舞台化にあたり台本と演出を手掛けるのは、映画「愛を乞う人」「焼肉ドラゴン」舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」などで知られる、脚本・演出家の鄭義信さん。

李鳳宇プロデューサー

そしてポン・ジュノ、鄭義信の両方と親交が深い、李鳳宇プロデューサーの企画のもと「パラサイト」が日本の舞台で実現します。

日本版では90年代の関西に舞台を移し、先が読めないもう一つの半地下の家族の物語が誕生。舞台ならではの衝撃のラストにも期待ですね。


■公演情報 COCOON PRODUCTION 2023「パラサイト」
【東京公演】 公演期間:2023年6月5日(月)~7月2日(日)
会場:THEATER MILANO-Za

【大阪公演】 公演期間:2023年7月7日(金)~7月17日(月・祝)
会場:大阪・新歌舞伎座

※チケット詳細・出演者情報は後日の発表となります。

4 COMMENTS

暖冬ならいいな~

日本で舞台化なんですね~😊 儲かると良いですね~😊
来年の夏でしょう? その前に、この冬をどうやって乗り越えるかが、直近の悩み💦
無事乗り越えれたら、舞台を観に行こうかどうしょうか考えます~😞

寺山修司

舞台にしたらどうなるんだろうね?楽しみ。プロデューサーのリボンウ、昔一緒に仕事してた。復活したのね。まだまだこれからだーーー!スタッフ関係者のみなさん頑張って下さい♪

あのシーンはあるのかなぁ?

来年は観に行くぞーー!

迷う

映画パラサイトを観ようとしたら、
「後半凄いよ」と友人が教えてくれまして、観るのをやめました。
このブログではテレビ放送時の「すごい濡れ場」で困ったとありましたが、そっちの「すごい」では無い方です。笑
韓国の映画って暴力シーンと濡れ場シーンがなんてゆうか‥苦手です。

舞台は面白そうだけど、どうしようかな~
ソン・ガンホの役は誰が演るんでしょうか。
キャストも気になりますね。

現在コメントは受け付けておりません。