【投稿】神田神保町の「チェッコリ」へ

ゴールデンウィーク中の晴れた日、本の街「神田神保町」を散歩しました。

神保町のシンボルである三省堂本店は、建て替えに伴い5/8(日)で一時閉店だそうです。(建て替え中は近くの仮店舗で営業、新店舗は2025~26年完成予定)

でも今回のお目当ては、神保町界隈に130店ほどある書店の中でも、韓国書籍専門の書店「チェッコリ」です。

「チェッコリ」は三省堂と同じく、靖国通りに面したビルの3階にある、小さな書店です。

書店の内部はこんな感じです。

今週、韓国から届いた書籍を展示してるコーナーもあります。

翻訳本も多数ありますよ📖

でも、本より映画のチラシに目がとまりました👀「スープとイデオロギー

6月11日から…、絶対観に行かなくちゃ!

久しぶりの美術館 『川瀬巴水』SOMPO美術館 数年越しの課題 「ポジャギ(チョガッポ)」

5 COMMENTS

絵本

今一番ハマっているのは、「韓国の絵本」だと先日友人が言っていました。
ここに行けば色々ありそうですね。
教えてあげよっと。
てゆーか、投稿が本人かな?笑

返信する
書店だ〜いすき😍

へぇ〜 神保町に韓国書店があるんですか?知らなんだぁ💦
昔は京橋に三なんとか書店と、水道橋駅近くに一軒あって、良く通いました👍

返信する
本の街

ネーミングは「책거리」から来てるんでしょうか。本の街にふさわしい名前ですね。

返信する
エクス・リブリス

京橋のほうは「山中堂」、水道橋のほうは「高麗書林」です。山中堂は阿佐ヶ谷→神保町と移転して、いまでは千葉県佐倉市で営業をつづけています。高麗書林は二代目が引き継いでいます。

返信する
投稿者

コメント、고마워요😊~
投稿したことで共感や、更に新しいことを知り得ることが出来るんですね😉~
繋がりを感じます🥰

返信する

コメントを残す