若く楽しく美しく(100)ー三つ目がとおる

管理人の強引な命令によりひっさしぶりに復活したコーナー「若く楽しく美しく」。これからも安らかな人生を送るための情報をできる限りお届けしますね。さて、記念すべき第100回目は目の話というかシワの話というか…。なんだかよく分からないけど読んでみてね。

最近、人前に出る回数が極端に減ったせいか顔から緊張が消えて顔筋の衰えを感じる私。気がつくとオデコにくっきりとサルのような三本線が刻まれてしまいました。これは大変!ということで、最近私は<三つ目>を心がけています。手塚治虫先生の「三つ目がとおる」のあの三つ目。

オデコの真ん中に目があると思って、そこを意識してものを見るんです。すると、あら不思議、上を見ても眉毛が上がらず、オデコにシワができないんです!

オデコのシワは長年の癖によってできたもので、年を重ねると顔の筋肉の衰えも相まって、くっきりとしたサルジワになっちゃうわけ。だから、第三の目を意識してものを見ると、今までと筋肉の使い方が違ってくるのでシワが改善されていくんですね。

一説によると、人間は大昔に目を3つ持っていて、今でも脳内にその名残りがあるのだそう。「松果体」といわれる部分で、構造が目と似ているんです。ここには知覚機能があって、老化を防止する〈メラトニン〉を出しているんです。外部の情報を処理して体のリズムを制御する脳の管制センターなのだとか。

〈第3の目〉が発達すると直観力や第六感が冴え、自己管理能力が高まるんです。実際にチベット教のお坊さんは手術で第三の目を開かせて、特別な能力を手に入れたそうです。ヒンズー教の女性たちがオデコに黒い⚫を付けるのも第三の目のためというから、ちょっとスピリチュアリックなのかな。

私はそんな神秘的なことより、オデコのシワのために〈3つ目の見方〉を身に着けたい。

4 COMMENTS

三角形のメガネ👀

へぇ~ ヒンズー教の女性たちがオデコに黒い⚫には、そんな意味があったんですか? しらなんだぁぁぁ~👀
私も第三の目が欲しいなぁ~👀 第一と第二の目は、だいぶ老化してきたので~💦
えっ、第三も老眼鏡かけなきゃいけないの? またメガネドラッグで新調しなきゃだめじゃん~🤦‍♂️ 金かかる👀だこと~

アディダス

小学校の頃からおでこに三本のシワがくっきり残ってた同級生がいました。家が貧しくて帰国してしまいましたが…。
ふと、そんなことを思い出してしまった。

次回も楽しみ💕

「若く楽しく美しく」良い情報聞きました!管理人さんの強引な命令😁
朝から管理人さんの顔思い出しちゃった
管理人さん。ゴーゴー💪

しわ嫌い

「最近人前に出る機会が極端に減って、顔筋が衰えおでこに猿のような三本線ができて、みにくいお婆さんの様で困った困った助けて~」
と言う投稿者さん。(そこまで言ってないかな?笑)

そうなんですよね。
予定に向けてお肌整えたり、髪染めたりしていると自然に表情もイキイキしてくる。
・・・の様な気がする。笑

だから私も三本線にもシミシワにも負けないように遊ぶぞー⤴️

現在コメントは受け付けておりません。