梅雨…。窓の外は雨

【投稿】南北共同声明発表から51年

7月4日は、南北朝鮮が南北共同声明を発表してから51年となる日だ。

韓国の李厚洛KCIA部長が平壌を極秘訪問 1972.5.

ちょうど私たちが学生だった頃、朝鮮の平和的統一はそこまで近づいていると、みんなが歓喜し、日本でも共同声明を祝ういろんな行事が行われた。

第1回南北赤十字北側代表団を迎える韓国の学生たち

一つの民族、一つの“統一朝鮮”を夢見た意義深い日だった。

南北赤十字予備会談に参加する北側代表団を歓迎する市民たち

しかしあの時から今に至るまで、朝鮮半島では対決と緊張が激化する悪循環が繰り返されている。それはいったい誰のせいなのか。

南北会談を見守る市民たち

韓国の当局者が祖国統一の3大原則に背き、北南間の合意を誠実に履行していないためなのか?また、韓米同盟の強化ばかりを唱え、同族である北朝鮮を主敵と見なしているためなのか?

言葉では平和統一を叫びながら、朝鮮の統一を望まず、特権階級と言われる金正恩ファミリーや、一部幹部の永遠なる繁栄のためなのか。いま思うとあの共同声明は南北双方の単なる政治的パフォーマンスに過ぎなかったのか。

7.4南北共同声明から51年目の今日。あらためてもう一度、共同声明の本文を読み直してほしいと切に思う。

南北共同声明(全文)

1:双方は次のような祖国統一の諸原則に合意した。

第1:統一は、外部勢力に依存したり干渉を受けることなく、自主的に解決すべきである。
第2:統一は、互いに相手方に反対する武力行使に依拠することなく、平和的方法で実現すべきである。
第3:思想と理念、制度の差異を超越して、まず単一民族として民族的大団結を図るべきである。

2:双方は、南北間の緊張状態を緩和し、信頼の雰囲気を造成するために,互いに相手方を中傷誹謗せず、大小を問わず武装挑発を行なわず、不意の軍事的衝突事件を防止するための積極的な措置を取ることに合意した。

3:双方は、断たれた民族的連繋を回復し、互いの理解を増進させ、自主的平和統一を促進させるために、南北間に多方面にわたる諸般の交流を実施することに合意した。

4:双方は、現在全民族の絶大な期待のうちに進行している南北赤十字会談が、一日も早く成功するよう積極的に協調することに合意した。

5:双方は、突発的軍事事故を防止し、南北間に提起される諸問題を直接、迅速、正確に処理するために、ソウルと平壌間に常設直通電話を設置することに合意した。

6:双方は、これらの合意事項を推進させると同時に、南北間の諸問題を改善、解決し、また合意した祖国統一原則を基礎として国の統一問題を解決する目的で、李厚洛部長と金英柱部長を共同委員長とする南北調節委員会を設置、運営することに合意した。

7:双方は、以上の合意事項が祖国統一を一日千秋の思いで渇望している全同胞の一致した念願に符合すると確信しつつ、この合意事項を誠実に履行することを全民族の前に厳粛に約束する。

互いに上部の意を体して 李厚洛 金英柱

1972年7月4日

ウィキペディアから引用

3 COMMENTS

いつになることやら💦

この盛り上がり、子供のころにうっすらと記憶している👀
この勢いで統一してたら、どんだけよかったんだあろうね💦
推測だけど、同じ民族だけでの話し合いだけだと、おたがい妥協点を見つけて、統一できたのかもしれないね?💦 でも、バックに米国がいるから👀💦
分断していることで利点がある国が邪魔したと推測している! 違うかな?

単なる政治ショー

7.4共同宣言、6.15共同宣言、日朝共同宣言…など過去の共同宣言すべてが政治的なパフォーマンスに見えてくる。
そして、破ったのは相手方だと非難する…。
はっきり言ってもううんざりです。

日本も。

うんざりたけど諦めない❗
分かれていた方が都合の良い国だらけなんでしょうね。😭

現在コメントは受け付けておりません。