梅雨…。窓の外は雨

【投稿】動画の撮影はスマホにおまかせ!

「YouTube」や「TikTok」「Vlog」など、 ネットの世界は動画で溢れている。多くの人々が毎日のようにユニークな作品や商品紹介などの映像を公開している。 一昔前なら、動画はビデオカメラで撮影するのが当たり前だった。 しかし今はスマートフォンで驚くほど美しい動画が撮れる。

むかしはビデオカメラが主流だった

スマートフォンメーカーのWebサイトでは、まるで劇場作品のようなクオリティの高い動画も紹介されている。 今やあなたが手にしている端末でも、その撮影は可能なのだ。

今ではスマホが主流

ここ数年のトレンドは、大型センサーを搭載したミラーレス一眼カメラで撮影したかのような、大きくて豊かなボケ効果を演出できるシネマスティックモードが流行っている。

人物を背景から浮かび上がらせるような写真が撮れる。映画のようなボケ効果と、ピント送りが端末任せでできてしまうのだ。本当にすごい時代だ。

シネマスティックモードの写真

そんなスマホによる動画撮影だが、様々なアクセサリーを活用することによってさらに撮影が楽に且つ楽しくなる。 昔はブレないように三脚を立てたものだが、今はクリップ&自撮り棒で、自在に撮れる三脚が主流になりつつある。 また、高音質が求められる場面では、外付けマイクも活用し、ワイヤレスのピンマイク なども襟元に装着してクリアな音声が撮れる時代だ。

スマートフォン用ジンバル

車載カメラやボディーカメラで、臨場感あふれる動画を撮れるし、水辺や雨の中の撮影でもへっちゃらな防水付き機能も備わっている。

古いスマホを監視カメラ化に

また近年は、機種変更をした後、自宅で使わないまま眠っているスマホを、防犯カメラとして再活用するケースもあるらしい。 「アルフレッドカメラアプリ」を使えば新旧のスマホにそれぞれインストールすることで、カメラとビューワーとしてペアで使えるようになる。

ちょっと変わったスマホによる動画撮影だが、防犯用途だけでなく、ペットや赤ちゃんの見守りなどにも応用可能で、こうした用途のために専用のカメラの購入を検討しているなら、一度試してみるのもいいと思う。

しかし我々の世代では、写真や動画をまだ立てて撮る癖がなおっていない人が多い。 特に動画は縦ではなく横で撮るべし。YouTubeの動画サイズは16:9という画像サイズが標準なので、投稿の際にはその比率を守って動画を撮ってもらえれば本当にありがたい。

どんどん高画質になり便利になるスマホ。 来年の同窓会に向けてそろそろ動画撮影も練習するように努力しよう。

3 COMMENTS

誰でもカメラマン📷

機種変した際の、古いスマホ2台持ってるけど、こんな使い方もできるんだね~👀
やってみよっかな~😊 でも、誰を監視しよう?👀 自分の寝相でも見てみよっかな?
あと、夜中の寝ぼけまなこの、不思議な行動~👀😢😢
夜中にトイレ行くとき、どこかに頭を何度もぶつけるんだよねぇ~👀😆

そんな使い方があったんだ

使ってないスマホを防犯カメラとして使うのか。
俺もやってみようかな~。物騒な世の中だから…。

動画は横で❗

自分は端末に興味が無いけど、子らの携帯で撮った写真は、ひと昔前の一眼レフカメラの様に綺麗。運動会は望遠が必須だけど、スマホでも撮れるのかな?
まぁ、とにかくスマホのカメラの性能には驚きます。

「動画は横で」とこのブログでもさんざん言っていますね。
でも、撮るときになると「あれ?どっちだっけ?」てなっちゃうんです🤭
来年の東天紅までには習得しまーす📸

現在コメントは受け付けておりません。