梅雨明けから本格的な夏へ

【健康】一般人も“歯”が命

3ヶ月に一度は歯医者に行く。 ここ4〜5年続いているが、会社の近くに新しく歯科医院ができたので行ったのがきっかけだ。 歯医者にも上手い下手があり、評判がいい悪いなどいろいろあるが、なにせ歯医者は近所にたくさんあるので選ぶのが億劫になる。

還暦を過ぎたあたりから、万病のもと口からという週刊誌を見てからだと思うが、それから定期的に歯医者に行ってクリーニングしてもらうことを心がけている。

今では悪いところはなくても3ヶ月にいっぺん行って歯や歯茎の状態を検査してもらい溜まっている歯垢や汚れを取り除いてくれると非常にすっきりする。ましてや私担当の歯科衛生士が美人なので、ことさらいい。

そういえが松田聖子が歯科医師と結婚したという話をだいぶ前に聞いたが、口の中をまじまじと見られるというのは 、一種独特な恥ずかしさがあるのかもしれない。

恥ずかしいところを見られるという快感なのか、秘密の場所を見られているという羞恥心から恋に落ちたのかは分からないが…。

もう30年ぐらい前になると思うが「芸能人は歯が命」というコマーシャル が話題になったことがある。口元から覗くピカピカの白い歯が一種のステータスだった時代の話だ。

そして現代。歯に関する認識は当時と比べてずいぶんと様変わりした。「歯がピカピカ」という見た目以上に今関心を集めているのが歯とそれを支える歯茎の健康問題だ。

特に歯周病に関しては、放っておくと歯を失うばかりか、病原菌が体内に炎症反応を引き起こし、万病の元になるという見解をとる研究者も多い。今では芸能人だけではなく「一般人も歯が命」の時代になったのだ。

テレビでデヴィ夫人が言ってたが、日本人は歯に対する美意識や予防意識が薄いと怒っていた。夫人によると欧米では歯はその人の人格を表すとされ、幼い頃から矯正をしたり、歯石を定期的に取るなど、ケアに余念がないという。それに比べて日本人の歯並びは本当に醜いと。

「私が飼っている犬の歯並びの方がよっぽどマシ」と手厳しく言っていた。デヴィ夫人は朝起きて1回。毎食後に各1回、そして寝る前に1回と1日に計5回の歯磨きを欠かさないという。 その甲斐あってか83歳の今も28本の歯は全て自前だという。すごい。

私も寝る前には必ず歯磨きをし、糸ようじやフロスを使って、歯と歯の間に溜まっている食べかすなどを除去するのに時間をかけている。 

そして、歯科の予約には便利なスマホを使おう。 スマホのスケジュール機能を使えば、忘れた頃に予約を知らせてくれるので大変重宝している。 うっかりミスを防ぐのにはちょうどいい。

スマホはLINEや写真だけで、活用しない人がいると聞くがスマホの中のスケジュール機能やリマインダー機能は、是非とも 使って欲しいと思っている。

2 COMMENTS

インプラントも入れたよ💦

私も、歯の大切さは🦷こんこんと諭されました。と言うのは、仲良しの先輩が近くで開業してるので、ずーっとお世話になってる👍診察台で大口を開けて無抵抗なのをいい事に、「お前、早くタバコ止めろよ❗️」といつも怒られてる😅

ほんとそれ

宝くじ当たったら真っ先に審美口腔外科に行く予定でーす💕

現在コメントは受け付けておりません。