梅雨明けから本格的な夏へ

大人の人間関係⑫ー3D

3Dと聞いて思いつくのは3Dプリンターだね。最近では3Dで好きな女性をかたどっちゃうという話も聞くけど、それ、複雑な人間関係がなくていいかもだな。でも自分が言う3Dは言葉のことなんだ。

3D言葉っていうのがあるんだけど、これが人間関係を不快にさせるんだ。「でも」「だって」「どうせ」。Dで始まる単語なんだけど、全部マイナス言葉だね。この3つを多用する人は注意しようよ。知らず知らずのうちに相手を不愉快にさせてるかもだから。

「でも」は相手に対する否定、「だって」は言い訳、「どうせ」は卑下の言葉。もちろんプラスの使い方もあるけど、会話で出てくる3D言葉は殆ど負の場合が多いそうだよ。それに3Dの共通点は相手の話を遮りやすいってこと。相手が話し終わる前に否定や言い訳を言うのって、せっかちっていうより子供じみてると思うんだ。大人の人間関係、相手を思いやりながら会話もスマートに行こうよ。

「でも」「だって」「どうせ」を3Y「良いね!」「よし!」「やるぞ!」に変えてみては。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。