梅雨明けから本格的な夏へ

クリスタル・ケイの母シンシア、娘のデビューで多忙を極めるも酒を覚えて“自堕落”な日々

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。米海軍の横須賀基地勤務の男性と結婚し、29歳で別居。30歳でデビューするも、次第に歌への意欲を失っていく。


「仕事場に行くときはいつもクリスタルと一緒でした。

ガキなんて連れてくるな!』と怒鳴られたことも何度もあります。歌に囲まれて育ち、娘もいつしか歌を歌うようになっていた。それはごく自然の成り行きだったのでしょう。けれど実のところ、娘の本当の夢はシンガーではなかったようです。

娘が5歳のとき『将来何になりたい?』と聞いたら、「女優さん!』と言っていました。

けれどミックスの娘は日本では役が限られてしまうはず。『女優さんになりたいなら、アメリカに行かなきゃいけないよ?』と話すと、娘は『いやだ! アメリカ怖い!』と言い、それ以来『女優さんになる』という夢を口にしませんでした。

今改めてその夢を追いかけているのかもしれません」

クリスタルの転機は11歳のとき。菅野美穂が出演した『ビタミンウォーター』のコマーシャルソングを歌い、一躍注目を集めた。

旅行で母と

娘がデビューするも朝までバーで飲む自堕落な日々

「テレビでCMが流れると、たちまち“あれ誰が歌っているの?”と問い合わせが殺到するようになりました。

レコード会社5社からスカウトの声がかかり、最終的にソニーミュージックと契約しています。11歳のときCMソングを歌い、12歳でデビューの準備を始め、デビューは13歳の7月に決まりました。デビュー曲は『Eternal Memories』。もともと30秒だった『ビタミンウォーター』のコマーシャルソングをアレンジし、一曲に仕上げたものでした」

クリスタルのお披露目は新宿のパーク ハイアット 東京が会場で、音楽業界の人間やマスコミなど大勢の関係者が集まりました。娘は幼いころから人前で歌うのが大好きで、このときも楽しく歌っていたようです。

ただ学校との両立は大変でした。レコーディングにプロモーション、コンサートもある。学校が終わると仕事にかけつけ、夜中に家へ帰ると宿題をして─と、寝る間もほとんどありません。

娘は誰に似たのか、まじめでお勉強もできる優等生でした。私が『一日くらい休んでもいいよ?』と言っても、『絶対嫌!』と言って、休まず学校に通っていた。わが娘ながら、あれは見上げたものだなと思います」

小学校は根岸住宅地区内の学校へ、中学に上がると横浜の自宅から横須賀にあるアメリカンスクールに通っている。

「スクールバスが迎えに来るのは朝6時。当時私は男のせいでお酒を覚えて、朝までバーで飲み続けるという自堕落な日々を過ごしていました。

ベロベロに酔って店でつぶれ、はっと気づけばバスが来る時間が迫っている。大急ぎで家に帰り、『クリ、行くぞ!』と娘と手をつないでバス停まで走る、なんてこともしょっちゅうです。

バス停に着くと黄色いスクールバスが目の前を走り去った後で、娘と一緒に猛ダッシュでバスの前に回り込み、強引に乗り込んだことも一度や二度ではありません。それはひとつの武勇伝になっているようです。

後にクリスタルがテレビの企画で学校訪問をした際、バスの運転手さんに『クリちゃん、あのころよく走っていたよね!』と言われ、思わず苦笑いしました」(次回に続く)

週刊女性2023年9月5日号

3 COMMENTS

クリちゃん?

男のせいで~ とか言い訳してるけど、本人の問題じゃないのかな?💦
娘さんがグレなくて良かったけど、大人になってどうなるか分かったもんじゃないよね~
「母親なら、もっとしっかりしろ!」と叫びたくなっちゃう👀

俺もスキだけど…

まあ、本人が自覚してるかどうかは分かりませんが、本人が一番悪いんじゃあないの?
自分のみる目のなさと、男好きな性格…、そして酒…。
まあ、若気の至りってところかな~

😳

ブログの記事は自慢じゃあ無いけどぜんぶ目を通します🤭
その中で唯一この記事だけスルーします。一番好きじゃないタイプの人だから読む気になれずにね。

今日久~しぶりに読んでみました。
…育児放棄じゃないか❗家には子どもをみる大人は他にいたのかな?まさか1人にさせてた?おばあちゃんとかいたのかな?きちんと読んでいないので状況はわからないけど、ちょっとやっぱり好きになれない。

現在コメントは受け付けておりません。