梅雨…。窓の外は雨

クリスタル・ケイの母シンシア、自称『会社経営者』との交際も詐欺師だった「騙し取られた全財産」「ホテルでめった打ち」

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。アメリカ軍人の夫と33歳のとき離婚。その後、10年間続いた不倫相手、サトシとの関係にようやくケジメをつけたが、再び別の男との出会いがあった。

不倫男と別れの後に出会った詐欺師

「幼なじみのケンと再会したのは、サトシと別れた直後のことでした。ケンは俳優にでもなれるくらい整った顔立ちをしていて、昔ちょっと彼のことが好きだった。だから付き合うようになったのも、ごく自然な成り行きでした。

またもや不倫の関係でした。ケンは『女房とは一緒に暮らしてない。もうすぐ離婚する』と言っていた。私もバカで、その言葉をうのみにしてしまった。サトシのときと同じ過ちを繰り返してしまった。ただサトシは女癖が悪くても、汚い人間ではなかった。ケンは腹黒い人間だった。ケンは生まれついての詐欺師でした

ケンは自称『会社経営者』。デートはいつもスーツ姿で、びしっとキメて現れた。「今振り返ると怪しい言動はいろいろありました。だけどあのときは見抜けなかった。

横浜の大さん橋でデートをしていたときのことです。
『ねぇねぇ、この後どうする?』と甘えたら、『うるせーな!』といきなり胸ぐらをつかまれた。お気に入りのワンピースがびりっと破けてしまった」

暴力を振るわれ騙し取られた全財産

「私がわっと泣き出すと、彼は見向きもせずさっさと立ち去りました。とぼとぼ家に帰り着き、気づけばネックレスがありません。40歳になった記念に買ったダイヤのネックレスでした。

胸ぐらをつかんだのも、それが目当てだったのか─。でもあのときは彼を信じたくて、あえて考えないようにしていた気がします。

私はやっぱりケンのことが好きだった。ある日『事業にお金が必要で、いくらか貸してくれないか』と頼まれ、ありったけのお金を用意したことも。『これが私が今貸せるすベてで』と渡すと、『ありがとう』と言って受け取っていた。おめでたいことに、あのときはきっと返してくれると彼を信じていたのです」

しかしお金が返ってくる気配は一向にない。シンシアの全財産で、高級外車が軽く買える金額だった。そんななか、事件が起こる。

ディズニーランドで全国の高校生が集まりマーチングするケイ

ホテルでめった打ちにされ全治3週間

「いつものデートの最中でした。ホテルの部屋で彼が豹変し、拳骨で殴りかかってきた。特に理由はありません。めった打ちにされ、最後に腰に思い切り蹴りを入れられた。病院に行くと、全治3週間の診断でした。顔はパンパンに腫れ上がり、そのせいで今でも顔が少し歪んでいます。

暴力を振るわれ、いいかげん私も目が覚めた。もし、暴力を振るわれたら、すぐに警察に行ってほしいと、皆さんにも言いたい。返金を請求しようと、弁護士を立てて裁判にかけました。すると彼が電話で、『ムダなことはやめな』と言ってきた。『そんなことをしても何もならないよ』と、妙に優しい口調です。

裁判に勝って、初めてその意味がわかりました。日本の法律では、『返したいけれど今はない』と言ったらそれまでになってしまう。

裁判所命令が下ると差し押さえができるけど、彼名義のものは一切ありませんでした。彼はそれをすべてわかってやっていた。お金は返ってきませんでした。

実は彼にお金を貸したのは私だけではありません。彼は『俺の事業に君も出資しないか?』と言っては、友人や知人を騙していたようです。

後になって、『俺も騙された。俺のお金も返ってこなかった』という話をあちこちから聞きました」(次回に続く)

週刊女性2023年10月10日号

1 COMMENT

男無しでは生きていけないの?

もうどうしようもない人生ですね~💦
あまり人に聞かせるような話じゃないと思うけどね💦
クリちゃんが可哀そう~😢

現在コメントは受け付けておりません。