梅雨明けから本格的な夏へ

クリスタル・ケイの母シンシア「暴力も振るわれていた」不倫男との波瀾万丈な“結末”

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。米軍横須賀基地勤務のアメリカ人と結婚し、29歳で別居。不倫相手との関係はすでに6年ぐらいがたっていた。

不倫男の常套句

「『妻とは別れることになっている』とサトシは言う。それは不倫男の常套句で、私もいつしかそこに期待も疑問も抱かなくなっていました。ところがある夜のこと、サトシが突然やって来て「妻が別れてくれた」と切り出した。

だから君と結婚したい』と言い、手には婚姻届を持っています。私のほうはようやく夫との裁判が終わり、無事娘の親権を手に入れたところでした。晴れて独身の身とはなったけど、すでに私の中でサトシに対する熱は冷めていた。それでも彼を断ち切れず、ずるずる関係が続いていきました。

サトシはジェラシーがすごかった。暴力もたびたび振るわれています。飲みの席で彼の友人と話をしたら、それが気に入らなかったらしく、帰りがけゴミために思い切り突き飛ばされたこともありました。けれど私もやられてばかりではありません。一度ゴルフのドライバーで殴り返したら、それ以来手を上げてくることはなくなった。

『僕は子どものころ、言うことをきかないと親から躾の意味で殴られた。でも君は殴っても言うことをきかないから殴るのはやめた』というのがサトシの言い分です」

男と不倫していた頃、2人でおそろいの服を着てました

長年、私を苦しめた不倫相手との結末

極真空手で心身を鍛え、“もうこの男とは別れよう”と決めた。ついに長い不倫関係を清算するときがきた。

「サトシは浮気もしょっちゅうでした。ちょうどGPSが出はじめたころ、これを切り札に使おうと考えた。GPSを車のトランクに仕込み、行動を追跡することにした。

サトシは『仕事に行く』と言って私の家を出ると、なぜか車は駅前に立ち寄り、職場とは違う方向へ向かっていきました。どうやら駅で誰かをピックアップしたらしく、そのまま車は東京を離れ、135号線を南下していきます。

そこで私もピンときた。湯河原に彼のご贔屓ひいきの宿があり、私も泊まったことがありました。きっと女を連れていくつもりなのでしょう。

彼の後を追い、旅館に乗り込みました。するとフロントから連絡がいったのか、部屋に彼の姿はなく、女性がぽつんと座っていた。サトシはそういう男でした。何やかやと煙に巻いてしまう」

関係を断ち切るには、確たる証拠を手に入れるしかない。浮気の尻尾をつかもうと、興信所に調査を依頼する。

「サトシが女のマンションにいると、興信所から深夜に連絡がありました。今なら現場を押さえられると言われ、興信所の調査員とマンションになだれ込み、そこでサトシを捕まえた。相手は湯河原のときとはまた違う女性でした。サトシに『私たち2人に土下座しろ!』と言い放つと、彼も観念したのか、素直に従っていた。女性は私の存在を知らなかったようです。

『この男はこういう人間だから。あなたも別れて全部放り出してしまいなさい』と彼女に言いました。

それがサトシとの最後でした。その後も電話が何度もかかってきたけれど、もう私は出なかった。結局サトシとは10年間続きました。娘もサトシのことは知っています。

私を苦しめた男という印象があるらしく、別れたときは諸手を挙げて喜んでくれた。でも今思うと、サトシなどまだ可愛いものでした。そこからどんどん悪い男と付き合うようになっていきました」(次回へ続く)

週刊女性2023年10月3日号

12 COMMENTS

う~ん

なんとも言いようがないね。単なる男好き?以上。

同感

ほんとに、なんとも言えないよね💦こんな話を暴露して、得する人は誰もいないだろうに~💦 クリちゃんもいい迷惑だよね👀以上。

南沙織

だらしない母親です。そのうち成功した娘を食い物にしかねません。すでにしているかも。

シンシア

最低~~に1票💥

この人の記事よりどーしてもわからないのが、南沙織です🤣
いつもなら気に止めずスルーしますが、昔から大ファンだったのでどーしても気になります🤣
良かったら教えてね🤭

豆知識

シンシア…南沙織のアメリカ名でしたね。
沖縄は南沙織さんが生まれた当時はアメリカでした。
だから、内間明美という名前と、シンシア・ポリーという名前とふたつ持っていました。お父さんがアメリカ人ですからね。沖縄返還後は確かに愛称に変わっていきましたが、もともとは単なる愛称ではなく本名だったんです。
クリスタル・ケイの母もシンシアです。
まあ、シンシア繋がりということで…。

南沙織

豆知識さんの指摘どおりです。シンシアときたら南沙織です。中学時代からわたしもファンでした。おなじ星座だし(どうでもいいことだけど)。なお、生みの(生ませの?)父は日本人で、母親の再婚相手がフィリピン人です。

ん???

南沙織~
父親は、アメリカ人?日本人? 母親はフィリピン人?
少し情報が混雑してるみたいですね~💦😢

南沙織

整理します。父母ともに日本人、母親はフィリピン人の男と再婚しました。

豆知識

そうでしたか。私の勘違いでした。てっきりアメリカ人とのハーフだと思ってました。
しかし、南沙織=シンシア繋がりから変な方向に話が弾みましたね。
管理人さんにお願いして訂正線を入れておきました。

ん?

では、、南沙織は純粋な日本人で、ハーフじゃないんですね~👀

納得

まとまった話しが混乱しかねないのでやめようと思いましたが…。🤭

なるほどー。シンシア繋がりで「南沙織」ね。
納得です✌️。

そっちは納得したけど、クリスタル・ケイの母親が「シンシア」だったとは❗なんで在日って公表してるのに「シンシア」なんだー❗🤣💥
(アメリカ人と結婚したんでしたっけ?ごめんなさい、記事は読んでません。)

ホモ・サピエンス

ことばじりを捕らえるようで申しわけないけれど、ひとこと指摘させてください。この世に純粋な〇〇人など存在しません。わたしの両親は朝鮮で生まれ、族譜によれば高麗時代からつづく家系らしいが半信半疑です。そもそも「〇〇人の血」という表現がおかしい。生物として人類はみな兄弟です。船会社の回し者ではありません。念のため。

現在コメントは受け付けておりません。