韓流の銀幕スター(7)-ソル・ギョング

韓国の映画スターは決してイケメンではないけど、とにかく演技がうまい。中でもソル・ギョングは役によって印象がガラッと変わってしまう俳優です。ソル・ギョングはチェ・ミンシク、ソン・ガンホと並ぶ韓国映画3大スターに数えられています。

デビュー作となった「ペパーミントキャンディー」では、一度オーディションで落ちましたが、監督の夫人が彼の演じたビデオを観て改めて起用しました。

情けない父親役から極悪人、さらにはコメディまで演じてしまうソル・ギョングですが、役柄に対する徹底ぶりには定評があります。力道山を演じた時は28㎏も体重を増やし、日本語をちゃんとマスターしたそうです。

出演作品 「鱒(송어)」「ペパーミントキャンディ(박하사탕)」「幽霊(유령)」「公共の敵(공공의 적)」「1987-ある戦いの真実(1987)」「ザ・スパイ(스파이)」「オアシス(오아시스)」「ソウォン(소원)」「ザ・タワー(타워)」「TSUNAMI ツナミ」「シルミド(실미도)」「力道山(역도산)」「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)(불한당)」「海雲台(해운대)」「殺人者の記憶法(살인자의 기억법)」「監視者たち(감시자들)」ほか

1 COMMENT

ハリウッドに負けるな(^^)

映画『力道山』観ました!彼でしたか〜。(^^)全然、気付きませんでした。流石に28kgも体重増やすと、誰だかわからなかった!(笑)

最近、ハリウッドスターも役造りの為、体重増減が話題になっていますね。印象深いのが、05’映画『モンスター』でのシャーリーズ・セロン(激太り)、04’映画『マシニスト』での(バットマン俳優)クリスチャン・ベイルの異常な程の激痩せ!や19’映画『ジョーカー』でのホアキン・フェニックスのこれまた、激痩せぶりが話題になっていました。もう凄いを通り越してます。鬼気迫る演技は皆、役者魂!なんでしょうかね。(^^)

ソルギョング、これからも頑張って欲しいですね。今度は”激痩せ行きます?(笑)冗談です。👍

現在コメントは受け付けておりません。