梅雨…。窓の外は雨

プリゴジン氏の反乱は“仁義なき戦い”に例えると分かりやすい?

いま、ロシア国内で反乱を起こした民間軍事会社「ワグネル」の創設者・プリゴジン氏をめぐり、様々な憶測が流れている。プリゴジン氏は24日、ワグネルの部隊を撤収させると表明した。

ロシア大統領府はプリゴジン氏が隣国のベラルーシに出国し、ワグネルへの捜査を中止すると発表した。

ワグネルの創設者プリゴジン氏

ロシアのウクライナ侵略が続く中で発生した反乱は、突如終結する見通しとなったが、プリゴジン氏は、モスクワまで約200キロメートルに迫っていた時点で「引き返すよう指示した」とSNSで説明し、「流血の事態を回避するため」とした。

浮かない顔のプーチン大統領

ロシア大統領報道官は、ロシアのウクライナ侵略に協力している隣国ベラルーシのルカシェンコ大統領がプーチン露大統領との仲介役となり、24日にプリゴジン氏と電話で協議したと明らかにした。

その結果、ロシア政府とワグネルは、プリゴジン氏がベラルーシに出国する一方で、ロシア情報機関「連邦保安局」が23日夜に着手した「武装反乱を扇動した容疑」での捜査を中止することで合意。

ベラルーシのルカシェンコ大統領

反乱に参加したワグネル戦闘員の罪は問われないことになった。プリゴジン氏の安全な出国は、プーチン氏によって個人的に保証されているという。しかし、24日夜からプリゴジン氏の消息は不明だ。

この状況をどう見れば良いのだろうか?

これはすなわち東映映画「仁義なき戦い」。これで解説すると分かりやすいとラジオで言っていた。要約すると次のとおりだ。

要はプリゴジンがプーチン親分に、「自分は色々頑張ってやってんのに、親父はいつもゲラシモフの兄貴とかショイグの兄貴ばっかり贔屓ひいきにしてやってられん。親父、俺のことを分かってください!」って言って、手勢を連れて組事務所にカチコミしようとしたわけです。

ショイグ国防相(右)とゲラシモフ軍参謀長(左)

それでてんやわんやになって「本当に来るんか?プリゴジン」と思ったら、そこにルカシェンコのオジキが出てきて「ここはワシの顔を立てて丸く収めてつかあさい」みたいな。

「オジキが出てきたんだったら仕方ねえなと」。プリゴジンの反乱はルカシェンコのオジキが預かることになって「兄弟頼むぞ」「分かりやした!」みたいな感じなんですよ。

でもこの抗争で親父の顔に泥を塗ることになったプリゴジン氏。「仁義なき戦い」の結末は如何に…。

2 COMMENTS

ロシア人が嫌いになっちゃうよ~💦

へぇ~そうなんだ👀 あの国は、きな臭いくになんですね💦
どうでも良いけど、早く終戦して欲しいな~
そんなに人を殺して、建物を破壊して、何が楽しいのかな?

現在コメントは受け付けておりません。