梅雨…。窓の外は雨

【投稿】ベストセラー作家の森村誠一さん死去

「人間の証明」「悪魔の飽食」などで知られるベストセラー作家、森村誠一さんが24日死去した。90歳だった。

埼玉県生まれ。青山学院大卒業後、ホテルマンとして働くなかで、サラリーマン向けのエッセーを手掛けるようになる。1967年、「大都会」で作家デビュー。69年に「高層の死角」で江戸川乱歩賞、73年には「腐蝕の構造」で日本推理作家協会賞を受けた。ホテルや新幹線などを舞台に、現代社会の疎外感や虚無感を掘り下げ、社会派的なテーマとトリックを融合した作品でサラリーマン層の支持を集めた。

76年には西條八十の詩をモチーフに、証明三部作の第1作「人間の証明」を発表。翌年には角川書店が行った映画版とのメディアミックスで、森村誠一ブームを巻き起こした。翌年に刊行された「野性の証明」も高倉健主演で映画化されて人気を博した。

旧日本軍の中国での人体実験を告発した81年のノンフィクション「悪魔の飽食」は、社会的に大きな反響を呼んだ。多くの作品がテレビドラマ化され、大きな社会的反響を呼んだ。

2004年には日本ミステリー文学大賞を受賞、11年には時代小説「悪道」で吉川英治文学賞を受賞した。

晩年は新書「老いる意味」で、老人性うつ病に苦しんだことを明かし、話題を呼んだ。

yahooニュースから

4 COMMENTS

合掌

色々読んだけど、「悪魔の餌食」は衝撃的で勉強になりました。お疲れ様でした。

あの麦わら帽子は、後に回収したのかな?

あっ、優作だぁ👀 あっ、鼻初めだぁぁ~👀
何冊か読んだことある👀 
最後の老人性うつ病が気になる👀
探して見よっと👀 レッツゴー アマゾン💕

匿名

もし「悪魔の飽食」が今の時代に刊行されてたらとんでもないバッシングを受けてたでしょうね。
とても意義のある行動でした。
ご冥福を…🙏🙏

現在コメントは受け付けておりません。