梅雨明けから本格的な夏へ

クリスタル・ケイの母シンシア、14歳年下の韓国人DJと再婚も「彼はビザが欲しかっただけでした」

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。クリスタルの13枚目のシングル『恋におちたら』が大ヒット。そんな中、《クリスタル・ケイの母がホスト通い!》とスクープされる。

再婚相手はホストクラブで出会った韓国人男性

再婚相手はリ・ソジュン。ホストクラブで出会った韓国人男性です。でも結婚生活なんてほとんどない。彼はビザが欲しかっただけでした。

幼なじみのケンとの別れが傷となり、引きずっていたころでした。ケンと別れてから数年後、大手術をしています。20代のときステージから落ちて腰を打ち、すべり症になっていた。そこにケンから蹴りを入れられたことで、徐々に悪化していたようです。あるとき失禁をして病院に診てもらったら、即手術と言われました。

失禁が手術の目安だといいます。左脚には麻痺が出て、かなり差し迫った状態でした。手術は相当大がかりなもので、腰にボルトを入れています。手術は成功したものの、痛みは続き、心身共にボロボロになっていた。そんなとき優しくしてくれたのがソジュンでした

ある夜、気分転換にと友人に誘われ、韓国ホストクラブに繰り出した。韓流ブームの走りのころだった。

席についたとたん『僕があなたの担当です』と言われ、ぎゅっと手を握られた。その日のうちに食事に誘われ、すぐ付き合いが始まりました

ソジュンとの結婚式での写真

14歳年下の韓国人男性と再婚し幸せな日々も

「ソジュンは韓国生まれで、まだ日本に来てそんなに日はたっていなかったようです。韓国ではDJをしていて、『今、日本に行けば稼げる』と仲間に誘われて来たそうです。彼はとにかく優しかった。靴まで履かせてくれたりと、まるでお姫様のように扱ってくれた。そんなことは初めての経験で、ついホロッとなってしまった。

当時私はシンガーとして表舞台から退き、娘のバックアップに徹するよう努めていたころでした。自分を押し殺す日々が続いていた。新しい男と一緒になれば、人生やり直せるかもしれないと考えた。私は男に逃げたんです」

付き合い始めて間もなく入籍。シンシア42歳、彼は14歳年下の28歳だった。

「『僕はビザがない。籍を入れなければ日本にいられない』とソジュンに言われ、早々に入籍を決めました。クリスタルと3人で、横浜の私の家で暮らしを始めます。クリスタルに『彼はこんな仕事だけど、これからまじめに働くと言っているから』と伝えると、『わかった。幸せにしてやってね』と彼に言ってくれました。

最初は本当に幸せでした。彼はホストクラブを辞めて、家で料理や掃除をしてくれたりと、とことん尽くしてくれた。けれど入籍の3か月後、事件が起きた。

突然ソジュンが韓国へ送り返されてしまった。彼は『入籍すればビザが手に入る』と言っていた。だけどそうはならなかったようです」

ソジュンは韓国へ帰ったが、入籍は済み、婚姻関係は成り立っている。韓国と日本の遠距離婚が始まる。

入籍したのだからしょうがない、このまま頑張って結婚生活を続けよう、と腹をくくりました。韓国と日本を行き来する二拠点生活の始まりです。彼は韓国で仕事を探していると言っていた。仕事が見つかるまでということで、私が月々の仕送りをしてソジュンの生活を支えていました。しかし、いつまでたっても彼が働く気配はありません。そのうち嘘が見え隠れしてきました」(次回に続く)

週刊女性2023年11月7日号

3 COMMENTS

どうか身を引いていただきたい💦

もう男を辞めたら? 
クリちゃんもあきれてると思いますよ💦💦
クリスタルが歌っていても、陰にこの人がいると思うと、マイナスイメージしかない💦

女なしでも生きられそう

男なしでは生きられないのかなあ?
もう、いい加減に、目を覚ましてほしいと思うのは私だけかなあ?

どうか身を引いていただきたい💦

この記事、「週刊女性」に堂々と書いている本人の感覚を疑うなぁ~💦
自暴自棄になって書いているならまだしも~娘さんのプラス要素は一切ないと思いますよ
むしろ、このハチャメチャな人生を引っ提げて、本人が涙しながらど演歌でも歌えば、ヒットするかも~♬ やれやれ~

現在コメントは受け付けておりません。