梅雨…。窓の外は雨

クリスタル・ケイの母シンシア、元婚約者の母親から「東洋人の娘なんてふざけるな」

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。22歳のとき海軍のフィルと婚約し、横浜のアパートで新生活を始めた。そんななか、妊娠が判明しー。


「東洋人の娘なんてふざけるな」

「家中を探して発見したノートをパラパラめくっていたら、何枚目かに電話番号が走り書きで記してあるのを見つけました。トニーが以前それを見ながら実家に電話をかけていた記憶があります。これでトニーと連絡が取れるかもしれない……。

電話に出たのは、トニーのお母さんでした。身元を明かし、『トニーの連絡先を教えて』とお願いしました。けれどお母さんの態度は冷たく、

あなたのことは聞いてる。何の用? トニーがどこにいるかなんて知らない』と言い放ちます。トニーの地元はアメリカ・ミシシッピ州の田舎町で、黒人同士のコミュニティーが強く息づいている土地でした。

かつてトニーが、『結婚したい子がいるんだ』と私のことを話したら、お母さんに、『東洋人の娘なんてふざけるな』と言われたと聞いています。

それでも『お願いです、教えてください、お願いします』と何度も何度も頼みました。すると、かわいそうになったのでしょう、ついにお母さんが折れました。

『明日同じ時間に電話をしなさい』と言われました。翌日かけ直すと、『トニーのナンバーだ』と言って彼の電話番号を教えてくれました」

20歳ころのシンシア

ほかの人との妊娠を受け入れてくれたトニー

ようやくトニーの連絡先を手に入れた。「アメリカで一緒になろう」と約束し、離れ離れになってからすでに2年の月日が過ぎていた。

「『ハロー』と彼の声を耳にした瞬間、もう立っていられなかった。私は彼の低い声が大好きだった。全身が震えて、腰が砕けて、受話器を握ったままその場に崩れ落ちました。

『あのとき手紙を出したのに、何で返事をくれなかったの?』と聞くと、『僕もつらかったけれど、君もそれ以上につらいはず。だからもう終わりにしたほうがいいと思った』と言います。男らしくてまっすぐで、トニーらしいなと思いました。

フィルのこと、妊娠のこと、すべて彼に打ち明けました。

『これで本当にあなたと最後になるかもしれないと思ったら、もういてもたってもいられなくなってしまった』と胸の内を伝えました。

涙があふれて止まりませんでした。翌日またトニーに電話をかけました。すると、彼も一晩じっくり考えたようです。『妊娠したままアメリカに来い』とトニーに言われました」

フィルはまだ海の上で、日本に帰ればシンシアが待っていると信じている。結婚の申請は海軍に提出済みで、あとは正式に認可が下りるのを待つだけだった。

「トニーと毎晩電話で話したけれど、私は決断できずにいた。友人のキキがアメリカから帰ってきたのはちょうどそのころでした。キキの恋人も黒人で、彼と一緒に故郷のアラバマへ行ったけど、黒人コミュニティーに東洋人は受け入れられず、地獄のような日々を味わったと話します。

私がトニーの元に行けば、同じような生活が待っているかもしれない。『どうしたらいいかわからない』と泣く私を見かね、キキが封筒をぽんと渡してくれました。そこには100万円もの大金が入っていました。キキがホステスをしながら稼いだお金です。

これで向こうに行ってきな。ダメでもいいからとにかくトニーと会って決めてきな。そうしないときっと後悔するから』とキキは言います」(次回に続く)

週刊女性2023年5月30日号