梅雨…。窓の外は雨

クリスタル・ケイの母シンシア、「母親がホストクラブ通い」でスクープされた当時の“心境”

在日三世として東京に生まれ、人気シンガー、クリスタル・ケイ(37)を女手ひとつで育てたシンシア(60)。13歳でクリスタルがメジャーデビュー。娘の仕事は順調で、学校と仕事の両立に追われる日々が続いていた。

女子大生って花だよ!人生の頂点だよ

「『私、大学出ていますから』。これが娘の定番ギャグ。私に何かわからないことがあると娘が言い、私が「すみません、私、高校中退なんで!」と言っては笑い合っています。大学進学をすすめると、娘は当初『絶対に嫌!』と言っていました。

中学でデビューして以来、朝は5時起きで学校に行き、放課後は部活に励み、仕事に駆けつけ、深夜まで宿題をして─と、毎日それはハードな日々を送っていた。もういいかげんこの生活は終わりにしたい、と娘が思うのもわかります。心配してしまうこともありましたが、やはり乗り越えてもらいたかった。だから私は、

『女子大生って花だよ! 人生の頂点だよ、毎週パーティーだよ、勉強なんてしなくていいから行きなよ!』

と説得を続けると、娘も次第にその気になってきたようです。アメリカンスクールには年に2回共通テストがあって、高校2年と3年で計4回受けられます。そのうち1回でもその合格基準に達すれば希望の大学に行けるシステムになっていて、娘もそれを受けることにした。結果、上智大学に合格。高校も無事卒業し、晴れて娘は女子大生となりました」

娘のクリスタル・ケイは課外活動も手を抜かずに頑張りました

娘の曲がヒットし順調な中、週刊誌で“ホスト通い”と記事に

シンシア自身、高校を中退し、大学に憧れがあった。何より大学に行き、世の中を知ることが将来、娘の役に立つと考えた。

基地で暮らす人たちはミリタリーファミリーといわれ、強い絆で結ばれています。

生活も人間関係もすべて基地内で完結していて、守られている感がある。娘も物心ついたころから彼らの一員として基地で暮らし、アメリカの国旗に向かい胸に手を当てながら育ってきました。離婚後も娘は基地のアメリカンスクールに通ってはいたけれど、それはある意味、夫の厚意でもありました。

だから高校を卒業したとき、もうミリタリーファミリーではないんだ、民間人なんだと自覚してほしかった。大学で世界が広がり、友達も大勢できたようです。もともと娘は友達の多い子で、それはもう尋常ではないくらい。友達とクラブに踊りに行き、帰りにわが家に集まることもよくありました。

慌てたのは二十歳の誕生日のときで、友達を11人引き連れて帰ってきた。みんなにラーメンを食べさせ、ありったけの布団を敷いて、なんとか全員寝られたなと思ったら、私の寝る場所がありません。結局その日は友達の家に泊まりに行きました」

娘は大学生活を謳歌し、仕事もまた順調だった。『恋におちたら』のヒットを機にメジャー路線を進む。

この時代は音楽番組も多く、クリスタルはクリスマスも正月もない状態でした。商業ベースになって一躍注目され、寝る暇もなく、時には逃げ出したいと思うこともあったでしょう。だけど一切弱音を吐かなかった。

昔も今も娘の弱音を聞いたことはありません。その頑張りは本当に素晴らしいものでした。そんななか《クリスタル・ケイの母親がホストクラブ通い!》と女性週刊誌にスクープされた。こんなことがネタになるのかと驚き、クリスタルに申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。

けれど記事は事実と違い、決してホストクラブに通い詰めていたわけではありません。ホストは私の再婚相手の男性でした」(次回に続く)

週刊女性2023年10月31日号

3 COMMENTS

マジかぁぁぁ~💦

ホストでも離婚でも、暴力でもなんでも良いけど~ クリちゃんを邪魔しないでほしい~
あ~ぁ💦 なんて人生なんだろう~💦
この方、神奈川朝高の後輩なの?

俺もスキだけど…

よっぽど好きなんでしょうね、XXX。
まあ、人それぞれだけど…。

虚飾の世界

いつも仲むつまじい写真ばかり見せられるけれど、娘のケイさんは不良の親と対立したに違いありません。男ばかりでなく娘に対してもだらしない人です。

現在コメントは受け付けておりません。